NEWS

最新情報

車載機器向けEMI測定サービスを提供開始

2021年10月27日#企業

2021年10月27日
パーソルAVCテクノロジー株式会社

パーソルAVCテクノロジー、車載機器向けEMI測定サービスの提供を開始

~CASE・MaaSなど高機能化・複雑化が進む車載機器の誤作動を引き起こす電磁障害を事前に測定、安全性確保に貢献~


  総合人材サービスのパーソルグループにおいて、技術ソリューションを提供するパーソルAVCテクノロジー株式会社(本社:大阪府高槻市、代表取締役社長:佐藤 晃一、以下 パーソルAVCテクノロジー)は、高機能化・複雑化が進む車載電子機器の電磁障害対策として「車載機器向けEMI(※1)測定サービス」を11月1日(月)から提供開始します。
(※1)電磁障害、Electromagnetic Interferenceの略。電子機器などから発生したノイズが他の機器の動作に影響を与えること、または、その影響度合いの指標。

背景

1)増大するEMI測定・対策の需要に対し、施設・人材が不足
 自動運転技術の発展、通信機能搭載、電気自動車の性能進化など、自動車の高機能化や次世代への発展可能性を示すCASEが進む中、移動手段にとどまらず、新しいサービス・価値を生み出すMaaSの推進も加速化しています。こういった自動車の利便性や安全性、省エネルギー性能の向上を目指す動きにより、搭載される電子機器数の増大・高機能化・複雑化も必然的に進んでいます。これに伴い、車載機器のEMI対策の重要性が急速に高まり、自動車の電磁障害に関する国際規格(※2)でも、高機能化・複雑化する車載機器に対応するよう試験項目などの整備が進められています。他の機器の誤作動を引き起こすEMIは、特に自動車においては重大な事故の原因となる恐れがあるため、専門的な技術者や十分な設備の整った施設によるEMI測定・対策を行い、安全性を確保することが求められます。しかし、需要の高まりに対して、人材や施設が不足している状況です。
(※2)国連規則第10 号(UN Regulation No.10)電磁両立性に係る車両認可の統一規定

2)25年以上のEMI測定・対策ノウハウをサービス化 
 パーソルAVCテクノロジーは、25年以上にわたって受託開発機器のEMI測定・対策を行ってきました。さらに、2007年から専用の測定施設を保有しています。そこでご要望を受け、当社のノウハウや設備をより多くのお客様にご活用いただくために、EMI測定をサービスとして提供するための体制を整え、2021年4月から「EMI測定サービス」を開始しました。さらに、今後高まる車載機器のEMI測定ニーズを踏まえ、車載機器用の設備を増設、技術者を確保し、本サービスを開始することとなりました。

当社電波暗室(北海道札幌市)
・測定距離:3m
・測定可能周波数:150kHz~6GHz
・アンテナの高さ:1~2m

車載機器向けEMI測定サービスの概要

 車載機器のEMIに対応するため、既存の設備にアンテナを増設し、測定可能周波数を拡張したほか、接地用銅板及び試験テーブルや直流型の疑似電源回路網を導入しました。さらに、国際規格であるCISPR25(※3)に対応するための技術者を確保し、本サービスの提供を可能としました。
(※3) 国際無線障害特別委員会(CISPR)が作成した規格のうち「車載受信機保護のための妨害波の推奨限度値および測定法」の規格のこと

車載機器のEMI測定設備の一部

【サービスの特徴】

 パーソルAVCテクノロジーが提供する本サービスでは、当社のノウハウと設備を最大限に活用し、車載機器のEMIの測定・対策にかかるお客様のご負担を大幅に軽減します。

1.EMI測定作業は当社技術者が実施
 お客様に代わり当社の技術者が測定を行い、測定結果のレポートをお渡しします。
2.急ぎのご依頼にも対応可能
 測定サイトの24時間稼働に加え、可視化システムによりEMIの原因を効率的に測定できることから、スピーディーな対応が可能です。
3.様々なEMI課題対策のご提案が可能
 これまで培ってきたノウハウを基に、最適なEMI対策の提案・実施や、EMIの課題を根本的に解決する回路設計の提案・受託など、お客様のご要望に応じて様々な対策のご提案が可能です。

【サービスの提供開始時期】

 2021年11月1日(月)

【サービス詳細に関するお問い合わせ先】

 下記のお問い合わせページよりご連絡ください。担当者よりサービスの概要やご依頼の流れについて改めてご説明します。

 <お問い合わせページ:https://ec2-35-77-100-78.ap-northeast-1.compute.amazonaws.com/inquiry/


 パーソルAVCテクノロジーは本サービスの提供を通じて、車載機器の安全性や品質の向上、開発の効率化による生産性向上に貢献し、より豊かで安全な自動車社会への一助となることを目指します。また今後も、IoT、モビリティなどの分野において、新たな技術の導入や開発にも積極的に挑戦し、顧客企業の実現したい想いや社会のニーズに対し、最適な技術とソリューションを提供してまいります。


パーソルAVCテクノロジー株式会社について<https://ec2-35-77-100-78.ap-northeast-1.compute.amazonaws.com/

 パーソルAVCテクノロジー株式会社は、音響・映像・通信分野の製品開発業務で培った広い範囲の高い技術力とモノづくりの知見で、製品開発やアプリケーション・システムの受託開発を中心に行っています。
AV・アプライアンス機器やモビリティの分野において、ソフトウェア・ハードウェアの開発や仕様・検証まで幅広い「技術開発サービス」を提供しています。

「PERSOL(パーソル)」について<https://www.persol-group.co.jp/

 パーソルグループは、「はたらいて、笑おう。」をグループビジョンに、人材派遣サービス「テンプスタッフ」、転職サービス「doda」、ITアウトソーシングや設計開発など、人と組織にかかわる多様な事業を展開しています。グループの経営理念・サステナビリティ方針に沿って事業活動を推進することで、持続可能な社会の実現とSDGsの達成に貢献していきます。
また、人材サービスとテクノロジーの融合による、次世代のイノベーション開発にも積極的に取り組み、市場価値を見いだす転職サービス「ミイダス」、テクノロジー人材のエンパワーメントと企業のDX組織構築支援を行う「TECH PLAY」、クラウド型モバイルPOSレジ「POS+(ポスタス)」などのサービスも展開しています。